みんなに秘密で英語の勉強|英語力をアップさせて海外旅行に!

秘密で英語の勉強をして海外旅行へ!

英語の勉強をする方法!

みんなに秘密で英語の勉強をする

今日はお天気がいいので毛布を洗いました。毛布が太陽にあたっているのを見るだけで気持ちが良いですね!明日は家じゅうのカーテンを洗いたいなって思います。カーテンって滅多に洗わないけど結構汚いらしいですよ。天気のイイ日にはまとめて大きなものも洗濯しておきたいですよね。

さてさて、家族や友人にひっそりこっそりとしていることって何かありますか?私がひっそりと続けている趣味は「英語の勉強」です。勉強が趣味なんて変かもしれませんが、これが私の好きな趣味の一つなのです。

私は長い間英語を勉強してきて留学もしましたが、まだ自分の英語力にあまり自信が持てていません。目標のTOEICの点数も取れていません。そして繰り返し使わない単語もどんどん忘れていってしまいます。

友達からは英語が出来る人と思われていますが、「これ英語でなんて言うの?」なんて突然聞かれて困ることを避けたいが為に勉強を続けています。初めは自分の見栄の為に勉強していましたが、ここまで来ると秘密の趣味になります。

そして友達には絶対に言いたくないですし言えないです。この年になって机に向かって勉強をしていることを少し恥ずかしく思うからです。そして部屋で一人でいる時は独り言をぶつぶつ英語で言うようにしています。傍からみたらおかしい人かもしれません!

でも、それでもこの趣味を止めることはないと思います。目標のTOEICの点数を取れてもきっと私は新しい英語の参考書が出るたびに買っては問題を解いていくんだと思います。別に隠すこともないんでしょうけどね、なんとなくチャンスを逃してしまうともう言えなくなるんですよね。

わたしが秘密にしていることは英語だけですよ。ほかは別に隠し事のないいたって平凡な人です。でもこうして勉強を続けるのは脳のためにもいいのかなと思っています。

言語を学ぶと覚醒する

みんなに秘密で英語の勉強をする女性違う言語を学ぶというのはかなり脳にとって新鮮な刺激みたいですね。普段使わない部分を刺激するようです。ですから老化防止というだけでなく脳の新たな領域を刺激することで、今までは気付かなかったような力を覚醒させることもできるのかもしれませんね。英語を勉強するだけでなく、使えるようにしたいとも思うので、英語圏に旅行に行こうとも考えています。

でもアメリカとかイギリス、オーストラリアのようなメジャーな国ではなく、ちょっとブロークンな英語が使われているような国で試してみるのもおもしろそうかなと思っています。マレーシアとかフィリピンとかおもしろいですよね?アジアな国って興味があるんですよね、独特なエネルギーがあふれている感じです。アジアの国にはいくつか訪れていますが、中でも私が好きな国を紹介しますね。

アジアは魅力がいっぱい

英語が比較的通じるアジア圏はおすすめの観光旅行先です。アジアの各国も英語が母国語ではないので、こちらの片言の英語でも聞き取ろうとしてくれますし、向こうも片言の言葉で話してくるので、通じた時にはお互い達成感があり仲良くなれます。

マレーシアは7年連続「住みたい国」世界No.1ということもありますし、日本と同じぐらい治安がよくて物価が安いです。以前ちょっと長い旅行で行ったのですが、日本食は高いが他のものは確かに物価が安いです。住みたい国とまではいかないですが、旅行先としては海もきれいですし、ペトロナスツインタワーなど観光するところも多いのでぜひおすすめです。

アジアの一人旅が好きなのですが、アジアの中でも少し雰囲気が違うなあと思うのが、マカオです。フェリーターミナルから降りた場所では、日本の海辺や香港とそんなに変化がないのですが、街中を歩くと東洋というより西洋を歩いているような、不思議な感覚に陥ります。世界遺産も気軽に回れて、小さいけれど楽しい街でした。シンガポールも大好きです。

物価が安く、食べ物が日本人の口に合うと思います。海外にしては衛生的で、屋台などの食事も問題ありませんでした。観光に力を入れている国だけあって、観る場所が多く、交通の便がいいですし、初心者にもわかりやすいです。

フィリピンの旅行も良かったです。私は今までマンゴーが嫌いでしたが、フィリピンに行ってマンゴーを食べたときその美味しさに感動しました。甘いしジューシーで何個でも食べられます。フィリピンにもいつも1人で行っています。

日本ではあまりみかけませんが、グリーンマンゴーというものもあるけどこっちは苦手です。苦みがあるんですよね。日本でマンゴーを買うと高いけど、100円だせば現地では何個か購入できるのでお得です。また食べたいです。フィリピンは結構美味しい料理がありますよね♪

フィリピン料理のアドボがお気に入りです。アドボはとり肉を甘酸っぱい味付けで煮込んだ料理です。アドボは、「つけこむ」という意味で、フィリピンの代表的な家庭料理です。豚の角煮っぽい感じだけどチョット違う、フィリピンらしい料理です。

フィリピン料理のお店ってなかなかみかけないので、cookpadで作り方を検索して自分でも作っています。酢が沢山入っているので、日持ちもします。ゆで卵入りがお気に入りです。ユーチューブに作り方があったので載せておきますね♪試してみてください!

一人で旅行するというとみんなから「大丈夫?」と心配されるのですが、英語を話せるとどこに行ってもそれほど困ることはありません。現地の人とたくさんお喋りできて、より地元の生活を体験できるので楽しいですよ。これからも秘密に英語力を伸ばしていき、海外旅行を楽しみたいです。秘密の趣味を使って自分の力を拡大していきたいとおもっています。

ローカルイングリッシュに

アジア圏は一番滞在費が安くて英語に慣れる事ができる場所の一つだと思います。ハワイとかグアムだと航空運賃は安くても滞在費は結構かかりますので、長期滞在は厳しいですよね。

でもマレーシアとかフィリピンとかだと1か月借りても100ドル~200ドルで滞在できるような場所もあります。だから手っ取り早く、外国語を話す度胸を身に着けて実践する場としてはアジア圏をおすすめします。

でも一つ問題があるとすれば、かなり現地訛りの英語になってしまうという点です。それをアメリカや英国で使うと、ものすごく馬鹿にされた覚えがあります。

でも同じ英語ですので十分通じますし、何より度胸がつきます。海外に対してアレルギーを持った日本人がまだ多いと思いますが、そうしたものから解放されて堂々とコミュニケーションを取れるのは良い点だと思います。




 


同ジャンル関連ページ



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

★★★