小顔になった女性

「あー小顔になりたい!!」あっ、すみません、心の声が思わず出てしまいました。小顔って憧れます。私はハッキリ言って小顔ではありません。親の遺伝子をしっかりと受け継ぎ、悲しいかなどちらかというと大きめの顔だと思います。

人間の骨格の大きさは変えることはできないので、どんなに痩せたとしても残念ながらモデルのような小顔にはなれません(泣)でも少しの努力で、今の自分の顔より少し小さくする、または見せる事は可能ですよね。そこでわたしは顔のエクササイズをして、日々努力しています。

顔の筋肉を鍛えましょう

小顔エクササイズをする女性顔の筋肉って実はあまり使われていないそうです。どんなに表情豊かな人でも、顔の7割の筋肉は日常の生活ではほとんど動かしていないそうです。だから意識的に動かしてあげる必要があります。

特に口周りの筋肉を鍛えることで、あごのラインが引き締まり、顔を小さく見せることができます。またほうれい腺やたるみ予防のためにもお口のエクササイズは大切です。若さを保つための秘訣なんです。

では私がやっているエクササイズをご紹介しますね。

まず「あ、え、い、う、え、お、あ、お」と発声練習するときのように、はっきりと口を動かします。口周りの筋肉を動かすことが目的なので、声を出す必要はありません。これを少し筋肉が疲れたなと感じるまで、繰り返し行います。

もう一つは舌の筋肉を鍛える方法。舌の奥の筋肉を鍛えると、フェイスラインが引き締まり二重あごの予防になるので、小顔のためには重要です。

まず口を大きく開けて、舌を前に突き出し、鼻先をなめるみたいに上にあげます。(鼻先をなめるのは無理だと思いますが・・)
この時舌先がとがるようにしてください。そのまま3秒キープ。その後下、右、左と同じように行います。

最後に舌を大きく3回まわして、反対方向にも3回まわして終わりです。

きっとやりはじめた最初はかなり舌の根元が疲れます。でも憧れの小顔への一歩だと思って頑張ってやっています。皆さんもやってみてください!

耳たぶエクササイズ

小顔エクササイズで効果があった女性耳たぶをエクササイズで動かすというのも小顔につながるそうなんです。その方法は、まず耳たぶの付け根を軽くつまみます。そして軽く後ろにひっぱるようにしながらくるくると回すようにします。

あくまで軽くで大丈夫だそうです。次に頬骨からえらにかけて優しくなでるようになぞります。そしてもう一度耳たぶをくるくるという感じです。

こんなんできくんだろうかと不安になるかもしれないですけど、これも流れをよくしたり、普段使わない筋肉を意識させていくことにつながるそうですよ。

他にもリンパマッサージを行うことなども大切ですよね。

こうしたマッサージやエクササイズはいつやるのが一番いいのかというと、お風呂上りなどの血行が一番いい時にするのがやはり効果的だそうです。柔軟体操とか、足つぼおしながらなど、ながら作業で下を回す運動なども行うと時間も短縮して行えますよ!

顔の筋肉を鍛えるというのは、これまであまりしていない方が多い分、効果が出るのも比較的早いといわれています。つまり即効性があるともえるわけですよ!ですから今からすぐにでも行えば、大切なデートや面接にも間に合わせることもできるかもしれませんよ。

口角筋を鍛えて小顔に!

無料でしかも手軽に小顔になれる方法をご紹介します。えくぼの位置にあたる部分を両手で軽く押さえて、口の形を「い」と発音する時の形にします。そのまま耳の方に両手で頬を引っ張るだけです。

5秒ほど引っ張ったまま固定して、手を放すと同時に今度は口の形を「う」にします。小さい声で「う~」と出すと効果が上がります。これを一日10セット行うだけで口角筋が鍛えられ小顔効果が期待できます。

テレビを見ながら、パソコンで動画を見ながら、お風呂につかりながら等、ちょっとした家の中の隙間時間に手軽に出来るのでぜひ活用してみて下さい。

丸顔エクササイズ♪

今年はやっぱり全体的に気温が低いですね。住んでいる場所にもよりますけどwお天気の良い日は暖かいけれど、少しでもお日様が隠れると肌寒い。お陰でチョット風邪気味だし、早くもっと暖かくなって欲しいなぁ~。

お天気の良い日に公園で日向ぼっこがしたいです。ちょっとしたお弁当を持って、のんびり半日位過したい。芝生のある、大きな公園が良いな~。外の空気を吸いながら、好きな本を読んだら気持ち良さそう♪

時々そうやってのんびり過す事で、日頃のストレスを解消出来る。少し余裕が出来たら、週末は公園に行ってみようっ!天気予報をチェックしておかなくちゃって思っています。

外に出たり運動をすると体重がちょっと減りますよね。家でも多少はダイエットをしています。丸顔なのがちょっとコンプレックスなこともあり、テレビで紹介していた小顔エクササイズを実行してみることに。

口を大きく開けて上下に動かすエクササイズで、いくら家族とはいえ少し恥ずかしかったので部屋で一人の時にはずっとやってました。2ヶ月くらいほぼ毎日やっていたら、ほんのちょっとだけ丸顔だったフォルムが少しほっそりしてた気がします。今は2日に一回程度と頻度は減っていますが、続けていこうと思っています。

たるみの解消方法は?

顔のたるみをなくして小顔になる女性

たるみを解消していくために沢山の方法をこれから紹介していきます!多くの方がたるみで悩んでいると思います。なので、少しでもたるみ解消のヒントになればと思います。

たるみの原因

たるみの解消法を紹介する前にまずは、なぜたるむのか、その原因を挙げていきます。

  • コラーゲンやエラスチンの減少
  • 歳を取っていくにつれてコラーゲンやエラスチンが減少このコラーゲンは、重力に負けないように引っ張ってくれる役割をしてくれています。それが減るということは重力に負けてしまいます。

  • 乾燥
  • 乾燥すると肌がカサカサしてハリ、弾力がなくなりたるみにつながります。

  • 紫外線ダメージや日焼け、ストレス
  • 紫外線ダメージや日焼け、ストレスなどによって活性酸素が作られることでも肌はたるんでまいます。

  • 表情筋の衰え
  • 歳を取るにつれて表情筋も落ちていきます。そして、だんだんたるんでいってしまいます。

    このような原因で肌はたるんでいきます。また、これからそのたるみの解消法を紹介していきます。

    コラーゲンを増やす方法

    コラーゲンは女性ホルモンと関わりがあり、コラーゲン繊維を維持してくれていたりします。なので、女性ホルモンをアップさせることでたるみ解消に繋げていくことも大切です。夜の10時~2時がゴールデンタイムと呼ばれていてホルモンが分泌されたりお肌に良いとされています。なので0時までには寝ると良いですね。また、サプリメントでコラーゲンを摂取するのも良いと思います。無添加の物をなるべく選んで、自分に合ったものを見つけましょう。

    肌や顔の乾燥対策

    乾燥の対策はいろいろありますが、保湿クリームを塗ると良いですね。夏はべたべたして保湿クリームを塗らないという人もいると思いますが、夏でも保湿クリームは塗った方が良いですよ。冬になると空気も乾燥してくるので加湿器などを使いましょう。

    紫外線ダメージや日焼け、ストレス

    紫外線の対策は、日焼け止めを塗ることですが、曇りの日や、雨の日、冬でも、部屋の中でも紫外線は出ているので、こまめに日焼け止めを塗りましょう。また、紫外線対策に食べるとよい食材もあります。ビタミンC、ビタミンE、βカロチン、ビタミンB2、などの栄養素が含まれる、食材が良いみたいです。例えば、アセロラ、レモン、ブロッコリー、ナッツ類、ニンジン、納豆などなど積極的に取り入れていくと良いでしょう。

    かっさがオススメ。

    かっさを買ってよかったです。100円ショップで税込み108円で購入しました。私は大変むくみやすく悩んでいたのですが、かっさを使うようになってからむくみが軽減され、気になる部分が細くなりました。

    かっさ購入前からお風呂上がりにマッサージをしていたのですが、手で直接マッサージをすると手が疲れてしまって途中で嫌になってしまっていました。しかし、かっさは手で直接マッサージするよりもしっかりと刺激を与えることができて、手も疲れないのでとても便利です。

    かっさはいろんな場所に使うことができます。かっさを使ってから、気にしていた顔のむくみ、手や腕のむくみ、脚のむくみが解消されました。むくんだまま放って置くと、どんどん老廃物が体に蓄積されて太って見えてしまうので、かっさダイエットはオススメです。