毎日をはつらつと幸せに過ごすためにできること

皆さんもきっと毎日をはつらつと幸せに過ごしたいと願っておられると思います。そうした充実した毎日を送るためには、やっぱりお金やものだけでなく『健康でいる』ことが欠かせませんよね。

でもストレスの多い世の中で忙しい毎日を送っていると、気を付けていても健康を害してしまうこともあります。知らない間に生活スタイルや食習慣が病気の要因となっているケースもあります。

残念ながら今の医学では病気や老化を完全に避けることは誰にもできませんが、少しの努力や少しの工夫で、結果は大きく違ってくるように感じます。

健康に関する正しい知識を身に付け、それを実践するなら、避けれる病気も少なくないと言われていますし、少なからず衰えていく体をとどめることができます。

例えば昔から「病は気から」と言われますが、実際メンタルが身体に大きな影響を及ぼすことは医学的にも証明されているのをご存知ですか?

免疫機能を調べるある研究によると、楽しい記憶を思い出した人の免疫細胞は数も増加し活発に作用するのに対し、悲しい記憶を思い出した人の免疫細胞はその数も機能も低下したそうです。

つまり積極的ではつらつとした楽観的な考え方ができる人は、病気にかかりにくく治りやすいのに対し、消極的で悲観的な考え方の人は病気にかかりやすく治りにくいということなのです。

確かにストレスによって引き起こされる病気がとても多いですよね。ストレスを強く抱えてしまうと、自立神経に影響を及ぼし、その自律神経がいろいろな臓器に影響を及ぼしてしまいます。

でも消極的な考え方を積極的に変えるのってそんなに簡単じゃないですよね。人の考え方、思考の型というのは長年培ってきたものなので、すぐに変化させることはできません。

でも私たち人間の脳って複雑でありながら、意外と単純なところがあるらしく、自分の発する言葉や表情で、感じ方、考え方に影響を及ぼすことができるそうです。

例えば、いつも不平不満を口にしていると、それに合わせて気持ちもどんどん消極的になりささくれ立ってしまいます。


でも「ありがとう」とか「良かった、ラッキーだった」という感謝の言葉やポジティブな言葉を口から発することにより、それに合わせて気持ちもはつらつと穏やかになったり、喜びを感じることができるそうです。

また笑顔でいることは健康に大いに役立つことが、いろいろな研究で証明されています。

喜劇などを見て大笑いした後は免疫細胞が活性化したり、血流が増加したり、ストレスが緩和されたりと、身体にたくさんの益があります。

でもこれはたとえ作り笑いであったとしても効果があるそうです。ストレスを感じるときでも、口角を上げて作り笑いをすることで心拍数が下がったり、脳が騙されて楽しいと感じるようになるそうです。

ですから日ごろから努めて感謝の言葉を言うようにしたり、ストレスを感じるときは意識して笑顔を作ってみたりする、はつらつとした言葉で周囲を盛り上げる、そんなちょっとした努力で、感情や考え方にも良い影響が及び、積極的な考え方、感じ方をすることができるように変化していくことでしょう。

そうなると自然と感謝の言葉や積極的な言葉が口から出るようになったり、いつも心からの笑顔でいることができるようになっていくと思います

そしてそうすることで免疫力を高め病気を避けることができたり、病気が治りやすくなったりするので、さらに笑顔を作り出すことができますね。

そんな良いスパイラルを作ることができれば良いですよね。

はつらつと幸せな毎日を過ごすために、このブログが少しでもお役に立てればと願っています。

毎日をはつらつと幸せに過ごすためにしているストレス解消法は?

ストレス解消する女性

上の記事では私なりのはつらつと幸せに過ごす方法を書きましたが、ここからは何人かの方にストレス解消法やはつらつと幸せに過ごすために何をしているのかを聞いてみました。

人生、日々楽しく笑顔で過ごしていないともったいないですからね。ストレスのはけ口がない方や元気を失っている方などは参考にして試してみてはいかがでしょうか?

とりあえずトレッキング

トレッキングする女性ストレスを感じている時は、とりあえずトレッキングに出掛けます。トレッキングは、本来「野歩き」のようなものですが、野でも海でも、舗装された道でも構いません。

いつもと違う道を歩いていると、自ずと気が紛れて癒されます。普段は考えつかないことが思い浮かんだり、時には気持が吹っ切れることもあります。

トレッキングに出かけるときには、必ず歩きやすい衣服や靴を身に付けます。水や食料を確保することも大切です。あり合わせの物を持参したり、購入するお店を考えておきます。快適に歩けるようにしておかないと、かえってストレスがたまるので準備が肝心です。

このストレス解消法には、お金は殆どかかりません。水とお菓子代に、500円もあれば十分です。お昼ごはんのお弁当代や外食代も必要なら、1500円くらい持って行ったほうが安心です。これが私の幸せに過ごす秘訣です♪

私はこれで元気になります!

私の元気になる方法は、3つあります。まず美味しい食事を食べながら、美味しいお酒を飲むことです。

これは、外出するのではなく家でまったりとしながらするのがポイントです。外に出ると人付き合いなどが煩わしいのでストレス解消にはなりません。金額的には2000円弱もあれば、ひとり息子を相手に楽しく過ごせます。

次に2つ目は、洋服などのネットショッピングです。あちこちのお店を気ままに回るのもいいのですが、疲れてしまうので最近はもっぱらネットです。私の田舎では、見つけられない商品があるので楽しいですし、タイムセールなどはエキサイトします。かかる金額はその買う商品にもよりますが、平均3000円位です。

最後に3つ目。ウォーキングです。普段インドアな生活をしているので、たまに外に出て体を動かすとスッキリします。季節を感じられて気分転換ができます。ポイントは知っている人にあまり会わない道をノンビリ歩くことです。

以上、身近すぎる日常での元気にすごすための方法ですが、私にとっては効果があります。

自由にできる環境を作る!

なかなかお金をかけられない日々ですが、たまにお友達とランチでお寿司を食べる(2000円くらい)とかお買い物ついでの自分のお昼用お弁当を「今日は金額気にしないでなんでも選んでいい日!」として好きなものを食べると幸せな気分になれます。

あとはイライラする場所が家の中であることが多いので外に出るようにします。犬の散歩があるので出なければいけない、ということもあるのですが、一人と一匹で歩くとリフレッシュできます。

犬のお友達と会えたりするとストレスとは無関係のイヌのことに注目して会話もできるので、それもまた気分が紛れていいです。

WiiUで1日300円でカラオケもできるので家に居ながらにしてカラオケをするのもストレス解消できます。やはり自分で自由にはつらつと過ごせる環境を作るのが一番いいですね。

ひたすらジムで歩く

運動する女性2人の小さな子供の子育てを毎日している私にとっての毎日はつらつと過ごす方法は、その日の気分や体調によっても違ってきますが、とにかくジムに行ってひたすら歩く事にかぎります。

専業主婦をしていると自分の価値と言うものが見えなくなる事が多々あります。家事をやっても報酬が貰えないため、人に評価されたいという気持ちにかられる主婦は多いはずです。孤独にもなります。ネガティブ思考になる傾向にもあるでしょう。

歩く事でその全ての考えを忘れ、ポジティブ思考に自然にかわり、周囲にもそのエネルギーを分けられるようになります。これが私が見つけた気持ちも体も元気でいられる一番の幸せに過ごす方法です。

私のジムは運動中、子供も預けられるシステムがあるのでそれも最高で自分の時間を過ごすことが出来ます。ジムは月に5,000円くらいかかっていますが元が取れるくらい気持ちもスッキリしています。

ヒーリングミュージックで癒される♪

私はストレスが溜まると、ヒーリングミュージックを聞きます。特におすすめしたいのでは、波の音とか小鳥のさえずり系の穏やかなBGMはとても心がリラックスして幸せな気持ちになります。それを聞きながらうとうと眠ると、次の日の朝は脳がすっきりして悩み事も綺麗さっぱり忘れている事が多いです。

お金も最初に1,000~2,000円ぐらい出せばその後は全然お金がかからないのでお得ですよね。

また、ヨガやウォーキングをしながら聞くと、さらにストレス解消になりますね。完璧主義で真面目なタイプは、自分で自分を追い込んでしまう傾向にあると思いますが、そんな時はふと肩の力を抜いて、ヒーリングミュージックやクラシック、ロックでも何でも自分の好きなアーティストの音楽に耳を澄ましてみたらいいのではないでしょうか。

少し元気が出てはつらつと過ごせるようになりますよ。

ジョギングでストレス発散

「なんだかもやもやする」「わけもないのにイライラいらいらする」という時には、ストレス解消のために走ることにしています。友人に誘われて始めたジョギングですが、すっかりはまってしまい、今では大会に出るほどです。

自宅でお気に入りのランニングウェアに着替えて自宅周りを一時間ほど走るのです。早く走るわけではなくて自分のペースでゆっくりと走っていくと、ストレスがどんどん消えていき気持ちが前向きになっていくのです。

血行やリンパの流れを促進させることもできるので、走り終わった後には体も軽くなります。ジョギングでストレスを発散することのメリットは何といってもお金がかからないことです。お金をかけずにストレスを解消できるのでお勧めです。

食事と睡眠は、幸せな生活を送るための潤滑油

私は幸せな生活を送るために、食事を大切にしています。できるだけ栄養価の高い食事を摂ると、身体が健康になり、自然と嬉しい気持ちが湧いて来ます。

そうなると人間関係も良好になり、仕事も順調に進み、家族も円満になって行くというものです。特に不足しがちな、ビタミンB群、食物繊維、アミノ酸をたくさん摂るようにしています。

また、油っぽい食べ物に含まれている不飽和脂肪酸、糖質の多い食品の摂り過ぎには注意しています。

二つ目に大切にしていることは、睡眠です。睡眠がうまくとれないと疲れが溜まり頭の回転が鈍り、身体を動かすのもままならなくなってしまいます。

そのようなわけで、朝は定時に起床し、昼は仕事に集中して交感神経を働かせ、夜はリラックスした時間を持ち副交感神経が優位なるように心がけています。

ゆとりを持つこと

私が幸せな生活をおくるためにしていることは、ゆとりを持つことと、記録をつけることです。

まず、ゆとりを持つと言うのは、時間のゆとり、心のゆとり、お金のゆとり、さまざまなことがありますが、すべては、心のゆとりに繋がります。

時間にゆとりがあれば、心にもゆとりができます。それと同様お金のゆとりも心のゆとりに繋がっています。なので、私は何事も多目にみて計画をたてます。それによって、イライラしたり、切羽詰まることが軽減します。

そして、記録をつけると言いましたが、記録をつけるだけでは意味がありません。つけた記録を振り返る必要があります。反省点や良かった点を振り返り、反省点は解決策を、良かった点はしっかり自分を誉めてあげる。

この作業を繰り返してるうちに、自然と自己肯定力や計画を立てる力などが成長していきます。これが、幸せな生活をおくるために私が心がけていることです。

睡眠時間を確実に確保!

私が幸せな生活のために日々心がけていることは、二つあります。ひとつは、睡眠時間を確実に確保することです。

今年話題になった『睡眠負債』という言葉からわかるように、睡眠は人間にとって非常に大切なもののひとつです。一日のうち6時間以上の睡眠時間を確保することにより、毎日を有意義に過ごすことができています。

二つめは、趣味の時間です。毎日の仕事に追われていると、つい自分の時間を蔑ろにしてしまいがちだと思います。

しかし、自身の時間を取れなくなった時が仕事の辞め時という話もあります。仕事のために生きるのではなく、自分の好きなことのために生きる。この意識が、幸せな生活を送る上では欠かせないものだと考えています。

幸せの形は、人によってさまざまでしょう。この二点を実行しても、誰もが幸せになるとは限りません。ですが、もしも誰かの幸せな生活の一助になれば、とても幸いです。

辛いことを素直に出す!

幸せな生活のために私自身が心がけていること二つを書きます。一つ目は、思ったことを何らかの形で出すことです。

例えば、学校や仕事でストレスがかかったとします。私は、何らかの形で嫌なこと、辛いことといったことを素直に出します。それは、その場でいう必要はありません。家に帰ってからそのことを独り言を言ったり紙に書いたりします。

こうすることで、「なんだ、大したことないや」と感じて、ストレスが和らぐのです。二つ目は欲を持ち過ぎないことです。人間は欲を持つと思います。

だけど、欲を追ってばかりいると心が疲れます。「あれもこれも手に入らない…。」と悩むことは幸せでしょうか。

それより、日常の何気ないこと、例えば毎日ご飯が食べられていること、健康でいること、そして私たちがこうして生きていられること、実はかけがえのない幸せだと思うのです。

私は毎日、少しでもこのことを考えることで幸せを感じ、明日も生きていこうと感じるのです。以上が幸せな生活のために私が心がけていることです。




 


同ジャンル関連ページ



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

★★★