女性が注目する財布や女性が買いたいレディースブランド!

女性が買いたいブランド財布は?

ウォレットを購入しようと思っている女性

今日は女性が注目しているブランド財布や、女性が買いたいと思っているサイフなどの口コミ情報を紹介していきたいと思います。レディースブランドって沢山ありますし、デザインも豊富なので購入しようと思ってもなかなか決められないですよね(私は決められません…)。

ですので、今自分が持っているおサイフやこれから買いたい物の口コミをいくつか集めたので今後のサイフ購入の参考にしてください。

シンプルなレザー

今現在私が使用しているのはVivienne Westwoodのオリーブ色の長財布です。モノグラムでもなくVivienne Westwoodらしいチェックでもない、さりげない感とデザインが気に入り購入しました。もう、10年くらい前のもので現在は似たデザインの物もありません。

しかし、年齢が30代に入り何となくビビアンの年齢ではないなぁと感じて新しい物に変えたいなと考えています。今欲しいのはgentenのシンプルなレザーの長財布です。

これなら、年齢を問わず長い間愛用出来そうなのと、それほどメジャーではないブランドに魅力を感じます。この財布なら、服装が特別おしゃれじゃなくても、なんとなくセンスがありそうな雰囲気にしてくれそうです。

買う季節によって…

ウォレットを持って喜んでいる女性私が今使っている財布はCOACHの赤い二つ折りです。購入したのは1年前くらいです。大学の入学祝いに両親が買ってくれた物です。

小さい鞄に入る方がいいなと思って二つ折りにしたけど、カードとか小銭とかあんまり入らないから、次は長財布にしたいです。また同じブランドのCOACHか、KateSpadeのものがほしいです。

COACHは春に出るデザインが一番可愛いので、買うなら春の新作がいいです。KateSpadeはオールシーズン好きなデザインが多いので、春に買うならCOACHでそれ以外の季節に買うならKateSpadeにしようと思います。

女性に大人気のATAO

今の財布はPELLE BORSAというメーカーのものです。長財布で中身の出し入れがしやすいシンプルなデザインです。これは社会人になった記念に買ったものです。今は、6年目でそろそろ傷んできました。

新しいものを検討しようとネットで検索をしていたら、ATAOというブランドの財布が目にとまりました。ここのブランドの長財布はとてもカラフルで、でも品がある女性らしいデザインばかりでした。

いくつかは、完売となってるみたいなので、好きなのが見つかれば予約しようと思っています。

長く持ちたいなら絶対ブランド物

私が持っているおサイフは2年前アウトレットで購入したコーチです。なかなか決められずでも自分のお誕生日プレゼントに欲しくてやっと決めました。娘に自慢したら私も欲しい!と言い出して翌日同じお店に出向いて違うものを購入しました。

私のと違って布じゃないから同じだけ使ってもとっても綺麗です。なので私も次購入するならやっぱりコーチの合皮のお財布がいいです。ブランド物だと長く使ってもちょっとやそっとじゃ壊れないから絶対お得です。

どれにしようか迷うほど魅力的

今使っているのは、ノーブランドの長財布。小銭入れが小さく、見づらいのが欠点でした。そこで、今ほしいのはアタオのリモシリーズです。L字ファスナーで小銭入れがオープンポケット、見易さだけならばダントツです。

皮の素材や色が本当に多種にわたっていて、どれにしようか迷ってしまうことも大きな魅力です。値段は少々高めではありますが、それを差し引いても魅力的な財布だと感じています。

CHANNLのイエロー

私はどうしても欲しい財布があります。私が今使用しているサイフはLOUIS VITTONのモノグラム、ジッピーの長財布で、5年ほど前に韓国で購入しました。現在欲しいのはCHANNELの長財布です。

CHANNELは今使用しているものを購入する前から欲しいなぁっと思っていたのですが、欲しいと思うデザインがなくその時はあきらめました。

去年ぐらいだったか、TVで女性芸能人の財布が紹介されていたのですがある方のものを見てビビッと!!次は絶対これが欲しいと思いました。

それはCHANNLで色がイエローのものです。生地も私が好きそうなもんで、オシャレでいうことありません。

私の好みにピッタリです

一目惚れしたジミーチュウのお財布がとても欲しかったです。星のスタッズがなかなかありそうでないのです。星のスタッズが付いていれば何でもいいのですが、バックはなおさら高すぎて買えません。

ブランドにしてはポップでオシャレなデザインだと思います。ブランド物でスタッズが付いているものも珍しいですが、星形で、更にはいっぱい付いているときたもんです。

今はとてもじゃないけど買えませんが、いつかは必ずゲットして幸せな気分に浸りたいと思います。購入までもどのデザインにするか、どのカラーにするか、相当悩んじゃうと思いますけどね。

お金が貯まってから

私は大学にかけてヴィトンのモノグラムを使っていましたが、6年位使ってぼろぼろになってしまったので社会人になってからは祖母のお古の黒い革のサイフを使うようになりました。

黒い色を使うようになってからお金の管理ができるようになった気がするので次も黒がいいと思っています。

ボッテガ・ヴェネタの長財布を次は買いたいと思っています。結構値が張るのでお金が貯まってから買いたいって思っていました。

使い勝手とシンプルなデザイン

財布は毎年新しくしたほうがお金が回るので良いと聞いて、お正月に自分で買いました。お札を折らなくてもいい長方形の形で、使いやすくて可愛くてシンプルなら、特にブランドにはこだわりません。

小銭が取り出しやすいのも選ぶときの条件のひとつです。何年も前にプレゼントしてもらった女性デザイナーのJUNKO KOSHINOのものは長方形ではなかったけれど、気に入っていて、今はカード入れに使っています。

ポイントカードなどはだんだん増えてしまうので、普段はあまり使わないカードはそれに入れて使い分けています。

100万円の札束が入るものにしました!

欲しい財布の話ですが、今使用しているのは赤の被せ式です。これは家族に2年前にもらったもので、実は某デパートの閉店セールで購入したもののようです。

出費が多く、後から出納帳を見てみると、そのほとんどが浪費ではないかと思うものばかり。ため息の嵐です。小銭入れの開閉がしにくくなったことから、黒の馬皮、ファスナー式を購入しました。

購入の際のこだわりは、「色」「形」「大きさ」「カードポケットの数」でした。お金が好むという「ゴールド」「黄色」は自分の好みのものがなく、財布の内側がゴールドのものにしました。

形は、浪費が多いので、ファスナー式にし、多少開けにくいことで、心理的にも出費が抑えられるのではないかと思ったのです。大きさは、大きめのものにしました。

今までのはお札が10枚入ると、端が折れたりしていたのですが、今回は100万円の札束が入るものにしました。と、いっても100万円などの大金を持つはずもなく、10万円を1000円札に崩し、その感触を確かめて買いに行ったのです。

人も住むなら大きな家がいいように、お金も大きな家で友達をたくさん呼んで過ごしたいのではないかという発想です。今までサイフの中はたくさんのポイントカードで溢れていました。

それで、必要なキャッシュカードとクレジットカード、よく使用するポイントカード8枚を厳選し、それのみを収納することにしました。8にこだわったのは、末広がりの八です。

革にこだわったのは飛躍するイメージの強い「馬」、そして今の自分には高価すぎると思うくらいの価格のものを選びました。お金に余裕ができたらいつか・・・を前倒しして「今」にしたのです。

その結果、購入ひと月にして、思わぬ収入があり、その収入が財布の金額とほぼ同じだったのです。これなら、これからもいけるかなと期待しています。何よりお金を大切にするようになり、必要な時に必要なだけ使うということができるようになり、浪費が全くなくなりました。

効果は絶大です、と私は思っています。サイフはバーゲン品や借金して買うのはあまりおすすめではありません。正規品を買う、これは鉄則です。

財布は意外とみられているので

実は意外と他人の出すおサイフというのは目に入ってしまうものです。会計の時やお店でお客さんが出す財布など、女性ならなおさら気になってしまいます。なのでデザインも気にするようにして、現在は割とシックで女性らしいFURLAの長財布を利用しています。

慣れたというのもありますが割と使いやすく、これからも使っていく予定ですが次に使いたいサイフといえば小銭が出しやすいものです。二つ折りでチャックでなくてボタンを開けると小銭が全部見えるタイプは使ってみたいです。イルビゾンテがいいかなぁ。